Jardin Printanier

CONSULTING

ジュエリーコンサルティング

宝石輸入製造卸商((株)北野商店)の3代目であるジュエリーデザイナー能勢 利枝は、代々伝わる色石の経験と知識を買われ、ドラマのジュエリーの監修(デザイン・指導)、ジュエリーショーのプロデュース、各種ジュエリーデザイン企画、コラム執筆、短期大学や専門学校など多方面にて講師などの仕事もしております。

メディア掲載

  • 2011年

    「Top Jewellars of Japan ~日本のトップジュエラー~」(山口遼氏著)に掲載

  • 2016年

    「JAPANESE JEWELERS DIRECTORY 日本のジュエラー名鑑」(山口遼氏 ・ 露木宏氏 監修)に掲載

経歴

  • 『リボンの騎士』のサファイアの王冠をデザイン

    手塚治虫氏の代表作『リボンの騎士』の主人公サファイアの、戴冠式のシーンで登場する王冠を制作するにあたり、能勢利枝がそのデザインを担当しました。表向きには男の子として強く勇敢に生きるサファイアですが、森で動物たちと一緒に歌ったりお昼寝をしたり、可愛らしいドレスを着て女の子として恋をするという、もう一つの表情にとても魅かれました。運命を受け入れたサファイアの生き方に「勇気と純心」というキーワードが浮かびました。勇気を後押ししてくれる7つの曜日石(パワーストーン)と純心を表した真っ白な真珠を使用して、原画の王冠のイメージを大切に、サファイアのトレードマークである大きく膨らんだリボンをモチーフとしてデザインしました。

    詳しくはコチラ

  • NHK 夜のドラマ 浅野温子さん主演「ダイヤモンドの恋」にジュエリー提供・監修

    ヒロイン沢渡麗子は人気のジュエリーデザイナー。 ところが、活躍の日々を過ごす中、突然の病に倒れる。病名「更年期障害」。若くして迎えた更年期障害に悩む女心のそばで、「ジャルダン プランタニエ」のジュエリーが多数使用される。またドラマの中で、ヒロインが描いたデザイン画はすべてデザイナー能勢利枝によるもので、頂点の時の傑作、はたまたスランプの時のラフデッサンなど、ストーリーを通して起用されることは、現役のジュエリーデザイナーとしてはめずらしいことでした。ファッションショーのシーンやジュエリーディスプレイの監修、浅野温子さんが身に着けるジュエリーの提案、デザインシーンの演技指導などを担当しました。

  • コラム執筆

    コラム「のせりえのカラーストーンがおもしろい」連載(ウォッチ&ジュエリー トゥデイ紙)
    コラム「のせりえのレッツエンジョイジュエリーライフ♪」連載中(ウォッチ&ジュエリー トゥデイ紙)

  • コラム執筆

    テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
    テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ジュエリーに関することなら、お気軽にご相談ください。

営業時間:11:00〜17:00
定休日:土曜日・日曜日

※ご予約においては、土日も対応させていただきます。